無線リモコン MUS 03

操作イメージLED回転灯・警告灯

MUS 03

対応する回転灯や警告灯の型番の末尾に /RD と付く無線仕様には別途、本機が必要です。

RD型 無線リモコン 型番の見かた

MUS 03

人が操作する無線リモコンは上記の1タイプのみです。
標準でプロテクトカバーが付属されます。

特徴 仕様

電源は単4電池2本。

無線リモコン1台で対象の機器を5台まで操作できます。

操作は対象の機器を1台づつ行うか、対象の機器を一斉に行うかになります。

リモコン外観

対象機器は動作状態を無線リモコンに返信するので、無線リモコンの「子機表示」で動作状態が確認できます。

無線リモコンの周波数帯はプラチナバンドの920MHz(←日惠さんが公式にプラチナバンドとしています)を使用しておりコンクリート壁への透過性、障害物への回り込みが期待出来、実際の状況によりますが到達距離およそ200mから400mとしています。(見通しがきく直線で500m)

テスト距離

↑日中テスト実施、道路はほぼ直線だがトラックなど駐車している状態、無線対応の回転灯は建物軒下に設置し肉眼では位置関係が確認できない状態で、約280mで正常に操作できました。

スポンサーリンク

ちなみにプラチナバンドは一般的に700MHz~900MHzとされています。
微妙に外れているのですが、いいのかはナイショ。

無線リモコンと対象機器は同一のIDを付与しているので(簡単に言えばグループ管理)他所からID違いの無線対応の機器を持ってきても操作できません。ユーザーによるID変更はできません。

無線リモコン1台で対象機器5台まで操作できますが、無線リモコンは無限に増やすことができます。

無線リモコンの電源は操作開始で電源が入り、操作をしばらくしなければオートパワーオフ機能で自動で切れます。

ご購入検討の際は日惠さんにデモ機を借りてテストをされた方が確実です。対象機器が何であれ、無線ユニットは同じものを使用しているのでどのデモ機でも同じです。見通しがきかないところで使用したい場合などは事前テストをお勧めいたします。

 

2020/4/2 追記

防水仕様も発売開始

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました