LED電子工作 残照回路 オヤジの備忘録

led残照回路思い付き備忘録

LED残照回路自作の巻

数年前、マイブームで自家用車の電球を自作LED球にしていたころが僕にもありますた。

ヘッドライトは中華HIDにして(眩しいのでステンレスでちゃんとシェードも自作)ウィンカーは点滅スピードがおかしくなるのであえてしませんでしたが室内、シフト回り、エアコン操作パネル、メーターパネル内も含めやりました。(14クラウンにゲートシフト自分で付けたなぁ~ ウンウン。この辺の話は気が向いたらまた。)

秋月電子

秋月電子で砲弾型白LEDと抵抗とシリコンキャップと金口(って言うんでしたっけ)買ってきて自作してましたね、いやー我ながら大した熱量だったと。

 

シリコンキャップって知ってます?砲弾型LEDにかぶせると光が拡散できるんです。照射角度が60度のものだったんですがこれでも指向性が強いかと思い、使いました。サンドペーパーで曇らすというやり方もあったんですがお手軽にシリコンキャップにしました。ブレーキランプの電球が片側2発で合計4発を電球1個分に砲弾型LEDを12個つけたのでそれだけでずいぶん使ったな。

led残照回路思い付き

で、↑こんなのをネットで調べながら考えて描いてみました。そしてコレ、LED自作回路を(好きなだけでズブの素人ですキリッ!)フロントのポジションランプの片方にだけ仕込みました。

 

どうなるかと言うと、ライトを消すとシュウーーン・・・・みたいな感じで片方だけタイムラグがある消え方をするのですよ。んー、最後の戦いが終わって動力が徐々に抜けていくザクのモノアイカメラのようにと言えばいいのか?(笑

わかる人にわかってもらえば・・・・・いや、自分さえ悦に浸っていればいいみたいな。周りの人は置いてきぼりみたいな。当時、高校生の娘に説明しても「へー」で終わってしまう。

 

そう言えば、もっと前に娘の夏休み自由研究でLEDを使って赤、緑、青のLEDを一個づつONにしていくと光が重なったところが白になる「光の三原色の実験装置」を親の方が面白がって企画立案ゴリ押しで材料買って段ボール箱使って作ったなぁ。学校の先生は「親だな」ってわかってんだろうなきっと。でも、親子の共同作業でいいじゃない、夏休みだもの。LED好き、電子工作好きなお父さん、是非!

オヤジの備忘録です。

まぁ、オヤジの備忘録です。手書き回路図が出てきたのでなんか懐かしく、なくす前にアップしただけです。もし、まねされる方がいても一向にかまいませんが責任は負えません、自己責任でお願いいたします。

一応お約束の一文でした(大笑

スポンサーリンク


 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました